羽毛布団リフォーム 西尾市S様の事例

今年の梅雨はよく雨が降りますね。

水は無くても困りますが、ありすぎても困ってしまいます。

この時期は天気が悪くおふとんが干せないという方も多いのではないでしょうか。

冬の羽毛布団を干してからしまおうと思っていたのに、雨が続くからなかなかしまえないという方も多いと思います。

そんな時は、おふとん屋さんにお手入れに出してからしまうというのはいかがでしょうか?

お手入れ・・・

・羽毛布団なら「羽毛リフォーム」

・綿ふとんなら「打ち直し」

・おふとんなら何でも「丸ごと水洗い」

おふとんはしっかりお手入れすることにより、ふんわり感が続き長持ちしますよ!

 

昨日のお客様。

西尾市のS様が羽毛布団をたくさんお持ちくださいました。

全部で5枚。

冬布団も夏布団も混ざっています。

これを冬布団1枚、夏布団2枚に作り直したいということでした。

確認させて頂いたところ、羽毛の質もバラバラでしたので、良いものだけをピックアップしそれらを上手に使ってリフォームさせて頂くことにしました。

冬布団は中の羽毛が良さそうでしたので、ポーランド産ホワイトマザーグースダウンを足し羽毛に使い、80サテンの側生地をつけ、SYツインキルト(羽毛が偏りにくいキルト)でお仕立てすることにしました。

肌掛け布団は合掛けと肌掛け2枚を使い、それらを混合し新しい肌掛けふとんを2枚ご用意させて頂くことにしました。

こちらは羽毛は十分足りますので足し羽毛はしません。

側生地はゴアテックス生地を使うことにさせて頂きました。

この生地、最近大人気なんです。

ダニやホコリが中に入りませんのでとっても清潔ですし、蒸れないので夏布団に最適なんです。

もちろん冬布団にもおすすめです。

お部屋が清潔になりますよ。

アトピーやぜんそくなどアレルギーがある方にもおすすめですよ。

 

「このおふとん、リフォームできるかな?」

分からないことがありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

リフォームは3週間ほどで出来上がります。

詳しくはこちら》

https://www.suimin-house.com/hpgen/HPB/entries/17.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です