睡眠ハウスたかはら

寝具の選び方

失敗しないベッドマットレス・敷きふとんの選び方

睡眠ハウスたかはら流 失敗しないマットレスの選び方How to Choose

こんにちは。睡眠ハウスたかはら4代目高原智博です。自分に合ったベッドマットレス・敷きふとん選びって難しいですよね。

「硬い方が腰に良い」とか「低反発より高反発が良い」など、色々な声を耳にするかと思います。ある人にとっては良いことが、あなたにも当てはまるかというとそうではありません。
ベッドマットレスは高価な買い物ですし、敷きふとんも頻繁に買い変えるものではないので、気持ちよく眠れる1枚を選びたいですよね。

そんなあなたのために睡眠ハウスたかはらでは、特許取得の「立位測定器」「体圧測定器」で体型を計測し、客観的なデータに基づいてマットレスをご提案しています。
しっかりお話をお聞きしお悩みやご希望に寄り添ったご提案を致しますので、納得して選んで頂けると思います。

愛知県名古屋市近郊・三河地方で快眠できるベッドマットレス・敷きふとんをお探しの方、西尾市の睡眠ハウスたかはらへ是非ご相談下さいね。

間違いだらけのマットレス選びMistake

1.マットレスは硬い方が身体に良い→×

これは昔から半ば都市伝説的に言い伝えられてきたことです。日本人は昔から敷きふとんで寝てきましたので、硬い方が慣れているのです。本当に硬い方が身体に良ければ、床に何も敷かず直に寝た方が良いことになってしまいます。

ヒトは背骨がS字カーブを描いており、身体に凹凸があります。マットレスの硬さが身体の凹凸に合っていないと、ぐっすり眠れません。

「仰向けで寝ると腰が痛い」「仰向けで寝られず横向きばかり」「寝返りが多い」という方、マットレスが硬すぎるかもしれませんよ。

2.マットレスは一生ものだ→×

残念ながらマットレスには寿命があります。毎日寝る道具ですので、長年使用していると荷重のかかりやすい中央がへたってきます。

へたってきたマットレスで寝続けると腰やお尻が沈んでしまい腰痛の原因になったりもします。仰向けで寝られず、横向き寝ばかりになってしまうかもしれません。

またマットレスは汚れます。人は毎日コップ1杯分(約200cc)の汗をかいていますので、それが少しずつ染み込んでいきます。マットレスをお引き取りし解体してみるとホコリだらけということもよくあります。清潔なマットレスで眠りたいですよね。

10年経ったら買い換えをおすすめ致します。

3.低反発が身体にフィットして良い→×

低反発素材の枕やマットは一時期通信販売を中心にブームになりましたね。「寝心地を変えるためにとりあえず低反発のマットを敷こう」と考えた方も多いと思います。

確かに柔らかいので、横になった瞬間は「あっ、気持ち良いかも」と思う方もいらっしゃるのですが、文字通り反発力がないので沈み過ぎてしまう場合が多いです。

身体が図のようになると腰が沈み込み腰痛持ちの方にはとてもつらい状況になります。

低反発をおすすめしない理由
①柔らかいので沈み過ぎてしまう(寝返りがしにくい) ②通気性がないので蒸れる(夏暑い) ③気温により硬さが変わる ④重い

4.試し寝しないでマットレスを買った→×

今の時代インターネットが普及していますので、自宅にいながらマットレスが買える時代です。

確かに便利なのですが、インターネット上の情報だけを鵜呑みにし頭でっかちになっている方が多いように思います。そして届いたマットレスが思ったより硬かったor柔らかくて寝にくかったとご相談に来られる方がとても多いんです。

マットレスに失敗すると処分にも困ります。今は処分にもお金がかかる時代です。

メガネを買う時に視力を測るように、靴を買う時に足のサイズを測るように、マットレスを買う時には体型・体圧を計測し、しっかりと試し寝をして買いたいですね。

またマットレスを試し寝する時に、自分に合った高さの枕で寝てみることも大切な要素の一つです。(首から背中・腰はつながっているため)

5.体格の異なるご夫婦が同じマットレスで寝ている→×

体格の良いご主人と細身の奥様がダブルサイズのマットレスで一緒に寝ているという話をよく聞きます。

この場合、どちらかが我慢して寝ている場合がほとんどです。体格の良い方=硬めの寝心地を好まれる、細身の方=柔らかめの寝心地を好まれる、からです。

また寝返りをストレスなく行おうと思うと、シングルサイズ(=幅100cm)が必要なんですね。

よってご夫婦の場合、シングルサイズを2台くっつけて(余裕があればセミダブル2台)別々に寝ることをおすすめします。(体格が似ていたり、寝返りがしにくくても身体が痛くならない方は一緒に寝ても大丈夫ですよ)

6.有名ブランドやスポーツ選手が使っているものを買えば良い→×

「野球の○○選手愛用のマットレス」「○○旅館で採用されたマットレス」「アメリカの3大マットレスブランド」など、大きく宣伝されている安心感はありますね。

ただ、そのマットレスがあなたにも合うかというと別問題です。

相談しやすいお店を見つけ、専門家のアドバイスを聞きながらじっくりと寝心地を見極めることをおすすめします。

睡眠ハウスたかはらのマットレスご提案方法The Right Choose

1.カウンセリング

まずはあなたのことをお聞かせください。

肩こり・首こり・腰痛・背痛・冷え性など眠りのお悩み、今まで寝ていた寝具の様子(敷きふとん、ベッド、枕)など、寝室の広さ、畳・フローリングなどをお聞きしていきます。

お引越しの場合は新居の間取り図をお持ち頂けるとアドバイスしやすいです。話しているうちに自分の考えも整理できますよ。

2.体型測定・体圧測定

次に特許取得の立位測定器・体圧測定器で計測します。

立位測定器では頭から背面、足先までの身体の凹凸と肩幅を、体圧測定器では寝ている時に体のどの部分に圧力がかかりやすいかを計測します。体圧は大型モニターで実際に動きを確認して頂けます。

計測にかかる時間はは2~3分。パソコンにつながれており、結果をすぐにご確認頂けます。

3.計測結果のご説明

身体のライン(凹凸)と体圧分布の様子がデータ化され出てきます。プリントアウトし書き込みながらご説明します。

どのくらい首や頭に隙間が空くのか、腰に隙間が空くのかが客観的にご覧いただけます。

なかなか体型を測る機会はないと思いますので、自分を良く知る良い機会ですよ。

4.マットレスのご提案・お試し寝

計測結果に基づきあなたに合った枕もお試しでお作り致します。

実はここがポイントで、マットレスと試すときに適当な枕で寝てしまうと腰の感覚が分からないんですよね。「枕」と「マットレス」両方をあなたに合うようにして、きれいな寝姿勢が保てるようにします。

一番最初にお試し頂くのは、あなたの体型にぴったりのオーダーメイドマットレス。身体の凹凸に合わせて頭から10cm単位で硬さを変え、あなただけの寝心地を作ります。

他にも合うマットレスが3~4種類ありますので、順に寝てみてください。それぞれの違いが良く分かると思います。

(この時、薄着でお試し寝頂いた方が身体の凹凸に合う感覚がよくお分かり頂けます)

睡眠ハウスたかはらおすすめ ノンスプリングマットレスNon-Coil Mattress









失敗しない羽毛ふとんの選び方

羽毛布団選びって難しいですよね?「ポーランド産のダウンが良い」とか「中身がたくさん入っていた方が暖かい」など、色々な情報を聞いたことがあると思います。価格も1万円台~数十万円まであり、どれを選んだら良いか迷ってしまいます。
毎日暖かく快適に使って頂きたい羽毛布団、安易に選んでしまうと失敗することもあります。「通販で実物を見ないで買ったら思ったほど暖かくない」「羽毛が臭った」「生地から羽毛が飛び出てきた」など、失敗してしまった方のお声をよく聞きます。1度買うと10年は気持ち良くお使い頂きたいので、専門家のアドバイスを受けながら品質と価格に納得して選んで頂きたいと思います。
これから羽毛布団を選ぶ時のポイントを紹介します。この4つを押さえるだけで、羽毛布団選びに間違いが無くなりますよ。是非自分に合った1枚を見つけて下さいね!

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日(実店舗・ネット共に)
  • 定休日(ネットショップのみ)

定休日は商品の発送ができかねます。
定休日に頂いたお問い合わせメールは翌営業日に返信させて頂きます。

ページトップへ