睡眠ハウスたかはら

快眠工場見学

羽毛ふとんリフォーム見学

まずは羽毛ふとんの解体です。
1枚1枚丁寧に手作業で解体していきます。大きな掃除機のような機械に羽毛ふとんを入れ、側生地を切ると羽毛が中に吸い込まれていく仕組みです。吸い込まれた羽毛は1枚分ずつ袋に入れられるため、他の羽毛と混ざることがありません。完全独立仕立てです。
続いて羽毛を洗います。
「EM液体洗濯せっけん」という、天然油脂使用のせっけんで洗うので、赤ちゃんやお肌の敏感な方も安心です。羽毛を袋に入れたまま本洗いを6分、すすぎを3回、脱水を6分、しっかりと洗います。
洗った羽毛を袋のまま乾燥させます。
乾燥が終わったら袋から羽毛を取り出し、温風に当ててかさの復元をします。この時に羽根の軸や切れた羽毛は下に落ちていくので、かなり量が減ります。
今までの工程でシングルサイズで約300g、ダブルサイズで約400g程度羽毛が減ってしまうので、新しい羽毛を補充して新しい側生地に充填します。充填量は全てコンピューター管理。マス毎に充填量が異なっても正確に吹き込んでいきます。
最後に羽毛の吹き込み口を縫って、羽毛リフォームの完成です!
新品同様になりました!
やっぱり新しい羽毛布団は気持ち良いですね!またぐっすり眠れそうです。

このように羽毛ふとんのリフォームって結構手間がかかるんです。でもせっかく使える羽毛があるのだから捨てずにリフォームして、もう一度新しい羽毛布団として使いましょう!とってもエコですね!

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日(実店舗・ネット共に)
  • 定休日(ネットショップのみ)

定休日は商品の発送ができかねます。
定休日に頂いたお問い合わせメールは翌営業日に返信させて頂きます。

ページトップへ