睡眠ハウスたかはら

快眠工場見学

作り手の想い

睡眠ハウスたかはらの提携工場はのどかな田園風景の広がる島根県出雲市にあります。
工場の総面積はなんと1万坪以上!出雲大社からすぐ近くのこの工場は、おふとんを1枚から作れる設備が
整っています。そしてふとん作りのほとんどの工程を職人が手作りで行います。
洗練された技術に「ぐっすり眠ってもらいたい・・・」と想いを込めて、1枚1枚丁寧に作っています。
「お客様に快眠を通じて元気になってもらいたい」

人は人生の1/3は眠りに費やします。
その1/3を大切にすれば残りの2/3がとっても豊かになるんです。
人が心地良いと感じる眠りの環境はそれぞれ。
暑がりの人もいれば寒がりの人もいます。
私たちはそんな一人一人に合った眠りを届けたいと、1枚からのご注文で
おふとんを作れるシステムを作っています。

安心して気持ちよく眠って頂けるおふとんを、これからも作り続けていきます。
おふとんを作っている工場はホコリがすごいと思われるかもしれませんが、実はとっても清潔なんです。
各工程間もゆとりがあり通路も広くとってあるので、商品の管理もばっちり。
一枚からの注文でおふとんが作れるシステムも納得です。

羽毛ふとん作り見学

睡眠ハウスたかはらの羽毛ふとんはほとんどの工程が手作業。
品質管理が徹底された国内工場で1枚1枚丁寧に作られています。
当店で取り扱っている羽毛布団の側生地は、柄や
糸の番手毎に工場で保管してもらっています。
シングル、セミダブル、ダブル、クィーン、キング、
別注サイズ、それぞれのサイズに裁断し、
手作業で1枚1枚縫製していきます。
マチとは羽毛布団の表生地と裏生地の間にある布のこと。
マチがあるので羽毛布団を立体的にできます。
5×6マスのような単純なキルトは機械で縫い付け
ますが、エリ元・足元あったかキルトのような
複雑なキルトは1枚1枚手作業で縫い付けていきます。
世界各地から仕入れた羽毛の品質を検査します。
「かさ高性」「ダウンとフェザーの混合率」
「ダックとグースの鳥種」などを、温度、湿度が管理
された部屋で細かい基準に従い調べていきます。
袋から出した羽毛は一つ一つのダウンがつぶれています。
そこで温風を当てダウンを開かせます。
(パワーアップ加工)
その際フェザーの折れた軸や切れたダウンが落ちます。
パワーアップ加工された羽毛を充填機で一枚一枚
側生地に充填していきます。キルトされたマス毎に
羽毛の充填量が異なるのでコンピューター管理します。
羽毛を充填した個所を縫えば、羽毛ふとんの完成です。
検針・全体のチェックを終え、しっかりと梱包された
ものが当店に搬送されてきます。

敷きふとん作り見学

睡眠ハウスたかはらの敷ふとんは羽毛ふとんと同じでほとんどの工程が手作業。
品質管理が徹底された国内工場で1枚1枚丁寧に作られています。
職人さんたちは自分の工程に責任を持ち、丁寧かつスピーディに作り上げていきます。
シングル・セミダブル・ダブルといった既成のサイズは機械で生地を裁断します。クィーン、キング、少し丈の長いサイズなどは、手作業で1枚1枚裁断していきます。

また敷ふとんの種類によっては、中綿を入れる前に側生地にキルトをかけてしまうものもあります。
中綿は羊毛やポリエステル、硬綿を使用します。

羊毛は原毛をほぐして綿状にします。原毛の状態では臭いが多少ありますが、綿状になるとほとんどなくなります。

当店で人気の2層式羊毛ベッドパッドや羊毛敷ふとんもこの手順で作られます。
側生地を機械に設置し、二人がかりで息を合わせてタイミングよく中綿を詰めていきます。二人の息が合わないときれいに入りません。

特注のサイズはその場で中綿を加工します。
この手際の良さが1枚からの注文に迅速に対応して頂けるポイントです。
中綿がずれないようにキルトをかけていきます。
敷ふとんの種類によってキルトのかけ方が異なります。

敷ふとんのふちはオーバーロック加工をしていきます。

しっかりと検針・全体のチェックをして完成です。

羽毛ふとんリフォーム見学

実は羽毛ふとんのリフォームは新品の羽毛布団を作るよりも手間がかかるんです。(解体→洗浄という工程が増えるため)

でも、捨ててしまうとゴミになってしまうものでも、再利用すれば資源になります。持続可能な社会づくりが推奨されている今だからこそ、使えるものは再利用していくという気持ちが大切だと思います。

ここでは羽毛ふとんリフォームの手順をご説明しています。あなたの大切な羽毛布団がどのように蘇っていくのかご覧ください。

4代目、リフォーム工場を見てきました!

当店の羽毛布団リフォームをお願いしている工場は、島根県出雲市にあります。

出雲大社のすぐそばにあるその工場は、羽毛布団リフォームの専用工場です。羽毛布団のリフォーム需要はここ数年右肩上がりで増えており、季節も冬は少なくなるものの年中ご依頼があります。

リフォーム工場の責任者、志食社長との写真。4代目、まだこの頃は若いです。

羽毛ふとんリフォームの流れ

  1. ①羽毛ふとんの解体

    まずは羽毛ふとんの解体です。
    1枚1枚羽毛を確認しながら丁寧に手作業で解体していきます。大きな掃除機のような機械に羽毛ふとんを入れ、側生地を切ると羽毛が中に吸い込まれていく仕組みです。

    完全独立仕立て。
    吸い込まれた羽毛は1枚分ずつ袋に入れられるため、他の羽毛と混ざることがありません。

  2. ②羽毛の除塵・洗浄

    続いて羽毛を洗います。
    本洗い6分、すすぎ3回、脱水6分。羽毛についたダニや皮脂汚れ、汗の成分を洗い流します。

    EM液体洗濯せっけん。
    天然油脂使用のせっけんで洗うので、赤ちゃんやお肌の敏感な方も安心です。

  3. ③羽毛の乾燥・パワーアップ

    羽毛を乾燥させます。
    シングルサイズで40分、ダブルサイズで60分、しっかりと乾かします。

    パワーアップ
    約80℃の熱風で羽毛の機能回復、ダニの熱殺菌をします。

    その際、羽根の硬い軸や、切れた羽毛が下に落ちるので量が減ります。

  4. ④羽毛の補充・充填

    側生地の縫製。
    羽毛ふとんの生地は手作業で縫製し、お好みのサイズ・キルト・厚さになるようにします。

    羽毛の補充。
    今までの工程で羽毛の量が約20%減ってしまいます。足し羽毛をして、ご希望の量・厚さになるように調整します。
    ポーランド産ホワイトマザーグース、ハンガリー産ホワイトグース、ブルガリア産ホワイトダックなど、ダウンパワーの異なる羽毛から選べます。

    手作業で充填
    1枚1枚職人が手作業で充填していきます。充填量はコンピューター管理されていますので、マス毎に充填量が異なっても正確に吹き込んでいきます。

  5. ⑤羽毛ふとんリフォームの完成!

    仕上げ縫い。
    最後に吹き込み口を縫って完成です!

    新品同様になりました!
    羽毛ふとんの側生地は新品に、中の羽毛はとってもきれいになっていますので、また10年暖かくお使い頂けますよ。
    このように羽毛ふとんのリフォームはとても手間が掛かりますが、新品を買うよりもお値打ちにできますし、何より限りある資源である羽毛を再利用できますので、是非お気軽にご相談くださいね。


羽毛ふとんリフォームの詳細はこちら》

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日(実店舗・ネット共に)
  • 定休日(ネットショップのみ)

定休日は商品の発送ができかねます。
定休日に頂いたお問い合わせメールは翌営業日に返信させて頂きます。

ページトップへ